着物を着て出かけたいのなら、レンタルをしよう

業者を簡単に探す方法

琴を弾く女性

結婚式において和装での出席は、礼装として良いとされています。
洋装も良いですが、露出などを気にしなければならず、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
その点、和装は見た目の華やかさ、清楚さなど会場に華を添えることにもなり、大変喜ばれます。
未婚女性ならば振り袖を着て、既婚女性ならば留め袖と言った風に、すでに形も決まっています。
既婚未婚両方使うことができるのは訪問着です。
これは準礼装としてもっとも無難なのではないでしょうか。
色についてですが、新婦とかぶらないよう事前に確認をすれば問題ないので、確認するようにしましょう。
結婚式は新郎新婦の門出を祝うもの。
華美な装飾などは避けるのが良いでしょう。
困った時は呉服屋さんなどに相談すると良いです。

衣服の歴史はそのまま人類の歴史と言えます。
日本の着物の歴史は、平安時代ぐらいから始まります。
それまでは遣隋使や遣唐使などを通じて大陸の文化を取り入れたものになっていましたが、それが平安時代に廃止されたところから、日本独自の形になっていきました。
男性は衣冠束帯、女性は十二単へと変わり、それが鎌倉・室町時代になると男性は直垂、女性は小袖と動きやすいものへと変化していきました。
現在の着物は江戸時代に完成した小袖がその原型だとされています。
明治に入ると洋服の着用が促されたために洋装が広がり、いつしか和装は日本の民族衣装の立ち位置となりました。
現在では、和装の意味での着物は、結婚式やお葬式、夏祭りなど行事に合わせて着るようになりました。